シロアリ 住宅診断

コンクリートでも油断はできない

本日は、先日羽アリが発生したお宅の駆除工事に行ってきました。

玄関で羽アリが発生し食害も確認されましたが、床下ではシロアリの痕跡はなく侵入個所が特定できない現場でした。

そのため図面や玄関周辺の構造から侵入個所を想定し作業にあたりました。

ベタ基礎コンクリートのお宅でしたが、玄関土間やポーチ土間はベタ基礎ではないために隙間が出来てしまい侵入されてしまったものと思われます。

表面的にはキレイで一見すると何も問題がないように見えますが、シロアリは僅かな隙間を見逃さず侵入し見えない所で食害をしていくので、決して油断は禁物です

また、近年の住宅は床下や壁の中に断熱材が敷き詰められているので、シロアリが発生してしまうと、壁を剥がして駆除を行わなければならないため、大きな支出となってしまいます。

住宅の構造は、昔と違ってとても良くなりましたが、シロアリの被害は一向に減っていません。

特に今年は、例年に比べても羽アリの発生が多くお問合せも増えています。

被害に遭わないためにも、定期点検をして欲しいと思いいます。

記事一覧